電気電子システム学科3年次生が、中国電力株式会社様のご厚意により、岡山市内にある基幹給電制御所を見学いたしました。

初めに、電力の安定供給の重要性と、そのためにどのような監視や制御をしているのか説明を受け、つづいて、中国地方の給電制御を行っている指令室内に入り、系統情報表示装置(70インチ12面)を見ながら監視を行っている様子を見学しました。
また、シミュレータ室で、送電に事故が発生した場合のシミュレーションを見せていただき、その対処についての説明を受けました(写真)。

電気電子システム学科では、「電気エネルギー発生工学」、「電気エネルギー伝送工学」、「電気エネルギー変換機器」などの講義科目で電力について学びますが、今回、実際の制御施設を見学したことで、講義とは別の視点から電力に関する理解が深まったことでしょう。

Topic20150119