8月8日から11日にかけて、電気電子システム学科4年生が「電気電子工学実験 III」(選択科目、集中講義)に取り組みました。

本学科は電気主任技術者資格の認定校であるため、所定の科目を修得した学生は、卒業後 実務経験を経ることで電気主任技術者資格を取得することが可能です。「電気電子工学実験 III」はこの資格取得に係る科目の一つで、高電圧設備や電動機に関する次の実験を行います。

  • 火花ギャップによる放電電圧の測定
  • 絶縁破壊試験
  • 誘導機に関する実験
  • 同期機に関する実験

実験では、初めに実験内容と高電圧機器の取り扱い方法(感電防止対策)の説明を受けてから、教員の指導の下で機器を操作して実験を進めました。実験後は得られた実験データを元に実験報告書を作成し、提出しました。

接地(アース)の仕方の説明[クリックすると拡大]

絶縁破壊試験[クリックすると拡大]

動画


※ 音はありません。