電気電子システム学科 学部4年生の唐 正强君がアメリカ ハワイ州で開催された国際ワークショップ「The 2018 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP’18)」で下記タイトルで研究成果を発表しました。

発表タイトル: A Study on Image Division Approach for Signal Demodulation Method Incorporating Reliability Determination in Image-Sensor-Based Visible Light Communication

その結果、特に優れた研究発表を行ったことが認められ、唐君は「NCSP’18 Student Paper Award」を受賞しました。おめでとうございます!

(写真の右が唐君、左は指導教員の荒井先生)