秋山教授が、光電流型高感度ガスセンサの米国特許を取得しました[1]。国内特許はすでに取得済み[2]のこのガスセンサは、半導体であるセレンナノワイヤー(SeNW,ナノメートル=10億分の1メートル)に流れる光電流の有機ガスによる変化を検出するもので、これまでの発明したセンサ[3]よりも高感度(1ppm)かつ低消費電力動作(1μW以下)を可能にしたものです。光電流型センサの一例を図1に示します。呼気中のエタノールガス検出などへの応用が期待されています。詳細は、本学研究・社会連携部へお問い合わせください。なお、この特許は、国立研究開発法人日本科学技術振興機構(JST)の支援により取得したものです。 

[1] “Gas Sensor and Gas Sensor Array” U.S.Patent 10830723.
[2] 「ガスセンサー及びガスセンサアレイ」特許第6099056号.     
[3] 特許第5120904号, U.S.Patent 9134265, Korea Patent 10-144788, 特許第5804438号,特許第6233858号, U.S.Patent 9759676.